素材研究

ハート型のペルニーク
ハート型の「ペルニーク」
画像提供:チェコ政府観光局

ペルニーク(ジンジャー・ブレッド) 

  • 分野:食
  • 国名:チェコ共和国
  • 地域:パルデュビツェ
  • 種類:お菓子

概要

「ペルニーク」は、東ボヘミア地方の中心地パルデュビツェを代表するお菓子。いわゆるジンジャー・ブレッドで、華やかな模様や飾りが見た目も美しいお菓子である。

素材研究詳細

立体的な「ペルニーク」家の形をした立体的な「ペルニーク」
画像提供:チェコ政府観光局

東ボヘミア地方の中心地パルデュビツェを代表するお菓子といえば「ペルニーク」。はちみつ、小麦、香辛料に様々なハーブやスパイスを加えた、いわゆるジンジャー・ブレッドである。様々な形があるが、代表的なのはハート型。その他、写真のような立体的なものもある。

ペルニークは土台の生地に型を押して模様をつけたり、アイシングで様々な飾りをつけたりする。
その模様や飾りにはその時代の流行があり、例えば16世紀には鳥のように、何か飛んでいるものの模様が好まれていたが、17世紀には聖人や領主の顔を描いたものが主流となっていた。現在は、子馬や赤ちゃんを描いたものが人気だ。

パルデュビツェ市では毎年5月にペルニーク祭りが行われ、町のシンボルとなっている。また、ペルニークはパルデュビツェやプラハなどに専門店があり、クリスマス市では華やかに屋台を飾っている。
日持ちがするペルニークは、その場で食べるもよし、ピクニックの時の非常食にもよし、お土産として持ち帰るのもよし、という三拍子そろったお菓子である。

問い合わせ先 チェコ政府観光局
コックス・アンド・キングス・ジャパン
G2 Travel Japan
クオニイ グループ トラベル エキスパート
ミキ・ツーリスト
トラベルコーポレーション・ジャパン
ツムラーレ コーポレーション
更新日 2014年10月1日