素材研究

フォアグラ料理
ハンガリーはフォアグラの一大産地
画像提供:ハンガリー政府観光局

フォアグラ(Libamáj)

  • 分野:食
  • 国名:ハンガリー
  • 地域:全国
  • 種類:前菜、メインディッシュ、食材

概要

フォアグラの一大産地であるハンガリーでは、フォアグラは前菜やメインディッシュとしてだけでなく、肉料理の詰め物や隠し味としても使われるほど、馴染みのある食材である。日本に比べると、かなり安価で味わうことができる。

素材研究詳細

フランスと並ぶフォアグラ(リバマーイ)の一大産地であるハンガリーでは、およそ1,000年前からガチョウやアヒルから取れるフォアグラが食されている。

フォアグラは高級食材として前菜やメインディッシュにも使われているが、パテなどにしたものをパンに塗ってオープンサンドとしても食されている。意外にもフォアグラが主役ではなく、鶏や豚肉の詰め物の隠し味として入っていたり、ステーキの上に「オマケ」として載っている事もあるほど、ハンガリーでは馴染み深い食材である。

前菜としては冷製フォアグラ「ヒデグ・リバマーイ」がメジャーだが、メインディッシュではフォアグラをローストした「ロシュトン・シュルト・リバマーイ」などが人気である。いずれも日本に比べると、かなり安くフォアグラ料理が堪能できる。

料理または食材を食することができるレストラン情報

  N/A
概算販売価格 1,500〜3,000円(目安)
問い合わせ先 ハンガリー政府観光局
コックス・アンド・キングス・ジャパン
G2 Travel Japan
クオニイ グループ トラベル エキスパート
ミキ・ツーリスト
トラベルコーポレーション・ジャパン
ツムラーレ コーポレーション
更新日 2015年2月3日