素材研究

パプリカーシュ チルケ
モンテカルロ生まれのパプリカチキン
画像提供:ハンガリー政府観光局

パプリカーシュ チルケ(Paprikás csirke)

  • 分野:食
  • 国名:ハンガリー
  • 地域:デブレツェン
  • 種類:メインディッシュ

概要

「パプリカーシュ チルケ」は、19世紀末にモンテカルロ・グランドホテルで生まれた料理。粉パプリカ、トマト、玉ねぎとともに鶏肉を煮込むのが基本だが、サワークリームでまろやかに仕上げたソースもある。

素材研究詳細

日本では「パプリカチキン」の呼び名で知られる「パプリカーシュ チルケ」は、19世紀末に華麗なモンテカルロ・グランドホテルのシェフが、鶏肉をパプリカソースで煮込み「Poulet au Paprika」と「Gulyas Hongroise」としてメニューに載せ、賞を獲得したことに由来する料理である。

当時シェフの間では鶏肉を使った新たな創作料理が盛んで、「チキン・プルケルト」や「ホルトバージ・パラチンタ」などの料理が世に出された。粉パプリカ、トマト、玉ねぎとともに鶏肉を煮込むのが基本だが、サワークリームを加えて、よりまろやかに仕上げたものもある。

料理または食材を食することができるレストラン情報

  N/A
概算販売価格 1,000円(目安)
問い合わせ先 ハンガリー政府観光局
コックス・アンド・キングス・ジャパン
G2 Travel Japan
クオニイ グループ トラベル エキスパート
ミキ・ツーリスト
トラベルコーポレーション・ジャパン
ツムラーレ コーポレーション
更新日 2015年2月3日