素材研究

貴腐ワイン
極甘口の白ワイン「貴腐ワイン」
画像提供:ハンガリー政府観光局

貴腐ワイン(Tokaji Aszú)

  • 分野:食
  • 国名:ハンガリー
  • 地域:トカイ・ヘジャイヤ地方
  • 種類:アルコール

概要

「貴腐ワイン」は、北東ハンガリーのトカイを中心に生産される極甘口の白ワイン。琥珀色をしたこのワインは、ハンガリー語で「トカイ アスー」と呼ばれ、食前酒やデザートワインとして広く愛されている。

素材研究詳細

「貴腐ワイン」は、北東ハンガリーの町トカイを中心に生産される極甘口の白ワイン。食前酒やデザートワインとして飲まれている。この地域は、300年以上にわたり厳格なワイン生産技術を継承し続けたことで、2002年に世界文化遺産に登録された。

その歴史は、16世紀にオスマントルコとの戦いにより、ブドウ収穫の時期を逸した時代にまで遡る。収穫の遅れにより、ブドウはもはやワイン生産には向かないと判断されたことから、多くのワイン生産者が収穫を諦めたが、果敢にもブドウを収穫しワインを醸造した者が現れた。その結果、ブドウは酸味、甘味、香りの調和した優れたワインへと変貌。フランスの王ルイ14世にして「ワインの王にして、王のワイン」と言わしめた。

この地域では、主にフルミント種とハールシュレヴェリュー種のブドウが生産されているが、秋口の多湿な微小気候の影響もあり、ブドウ表面に自然に貴腐菌が付着。そこに微細な穴を作ることで中の水分が抜け、素晴らしい香りが残る。

この貴腐ブドウから様々なワインが生産されているが、最も有名なのが「アスー」と呼ばれる貴腐ワインと、「サモロドニ」と呼ばれるワインである。
前者は貴腐菌の付いたブドウを一粒ずつ収穫して、ベースになる白ワインに加えるのに対し、後者は房ごと醸造する。風化した火山性の土壌や南向きの斜面のブドウ畑、近くを流れる川で初秋にみられる川霧など、様々なファクターが貴腐ブドウを作り出し、生産者の醸造技術が素晴らしい貴腐ワインを造り出している。

元来貴腐ワインは、ベースワイン136リットルに対し、25キロの収獲カゴ何杯の貴腐ブドウを加えたかにより、アスー3プットニョーシュ(3杯)から6プットニョーシュ(6杯)並びに貴腐ブドウだけから造られるアスーエッセンシアの5種類に基本分類されたが、現在のワイン法では糖度とエキス分により分類されている。

またワイン法では樽内で最低2年、瓶で1年の合計3年の熟成を経ないものは出荷できないと定められており、使用する瓶については500ミリリットルの透明なガラス製の口長瓶を用いることが規定されている。

なお、ワイン専門家の間でも貴腐ブドウは「人工的に貴腐菌を付ける」と記述する人もいるが誤りである。英国の著名なワイン評論家であるヒュー・ジョンソン(Hugh Johonson)氏は、「ワイン文化の根付いたハンガリーは、欧州でも卓越したワイン生産国であり、特にトカイワインは名称と分類の面でブルゴーニュをしのぐ」と述べている。

料理または食材を食することができるレストラン情報

  N/A
概算販売価格 生産者や収穫年により価格は異なるが、50mlグラス1杯が500〜3,000円、500mlのボトルで1,500〜50,000円が目安となる
問い合わせ先 ハンガリー政府観光局
コックス・アンド・キングス・ジャパン
G2 Travel Japan
クオニイ グループ トラベル エキスパート
ミキ・ツーリスト
トラベルコーポレーション・ジャパン
ツムラーレ コーポレーション
更新日 2015年2月3日