素材研究

子羊のロースト
サンデーブランチの定番料理「子羊のロースト」
© 英国ウェールズ政府

ウェールズの子羊のロースト (Welsh Roast Lamb)

  • 分野:食
  • 国名:英国
  • 地域:コンウィ(ウェールズ)
  • 種類:メインディッシュ

概要

世界の名だたるミシュラン星付きシェフからも絶賛されるウェルシュ・ラムは、原産地名称保護制度を受けているウェールズの最高級食材。この甘みのある、風味豊かなウェールズの特産品を使った「子羊のロースト」は、現代の食通をもうならせるウェールズ伝統の味覚である。

素材研究詳細

ハイストリートにあるカッスル・ホテルでも、
ウェールズ産の「子羊のロースト」が味わえる
© 英国ウェールズ政府

現代のウェールズ料理は、最高級の食材をシンプルに調理し、天然のフレーバーを引き出すことが特徴。そんなウェールズを代表する最高級食材として誰もが真っ先に思い浮かべるが、山や塩水湿地で育つラム(子羊)である。

「ウェルシュ・ラム」は、ミシュランの星を獲得した世界中の名だたるシェフに絶賛され、また王室の晩餐会でも供されてきた食材で、シャンパンやパルマハムなどの様に、原産地名称保護制度を受けている。ウェールズの伝統食材は、実はウェールズの地形や産業、そして歴史と深く結びついているのである。

イングランドの貴族の大邸宅にある食材が豊富な大型貯蔵庫から発展してきたような料理とは異なり、食材が豊富とは言えない厳しいケルトの土地から生まれたのがウェールズの伝統料理。厳しい自然の中で育まれてきた深い歴史を感じさせるその味わいは、現代の食通をも満足させる本格的なものと言えるだろう。

寒冷なウェールズの高地では、わずかな作物しか収穫できない。しかし、そのような厳しい環境の中で成長し、昔も今も変わらぬ贅沢料理となる食材が「ウェルシュ・ラム」なのである。
私たちは今、ウェールズの特産品と聞かれて真っ先に甘味のあるマウンテン・ラムを思い浮かべるが、約200年前には大変貴重な食材で、この美味で風味豊かなラム肉は休日やお祝いの席でのご馳走であった。その名残を受け、現在も日曜日や家族との休日のご馳走「サンデーランチ」で食されている。
コンウィの町に、いくつかお勧めの店がある。ぜひ当地で、本場の「ウェルシュ・ラム」をご堪能頂きたい。

料理または食材を食することができるレストラン情報

Castle Hotel Conwy
住所:High Street, Conwy Tel:(+44) 01492 582800
E-mail:mail@castlewales.co.uk
http://www.castlewales.co.uk

Watsons Bistro
住所:Chapel Street, Conwy Tel:(+44) 01492 596326
E-mail:addressenquiries@watsonsbistroconwy.co.uk
http://www.watsonsbistroconwy.co.uk

Bodnant Welsh Food Centre
住所:Furnace Farm Tal y Cafn, near Conwy Tel:(+44) 01492 651100
E-mail:addressreception@bodnant-welshfood.co.uk
http://www.bodnant-welshfood.co.uk

The Groes Inn
住所:Tal y Cafn, near Conwy Tel:(+44) 01492 650545
E-mail:addressinfo@groesinn.com
http://www.groesinn.com
概算販売価格
Castle Hotel Conwy(18.95ポンド)
コンウィ渓谷のラム「ヘンリー」、ラムの胸肉とポテトのドーフィノワ(グラタン)、キャロット・ヴィシー風(クリームスープ)、ベビースピナッチのバターソテー、ベビーリーフと風味豊かなローズマリー・ラム・グレービーソース

Watsons Bistro(11.50ポンド)
ウェルシュ・ラムショルダーのスローロースト、ミントとポートワインのソース添え

Bodnant Welsh Food Centre (18.95ポンド)
ドライラブ(ラベンダー、シーソルト、ローズマリーのシーズニング)のウェルシュ・ラムショルダーをオーブンでじっくりスモーク、クリームポテトとローストしたブラックガーリックソース添え

The Groes Inn (14.50ポンド)
ウェルシュ・ラムショルダー(子羊肩肉)のロースト、風味豊かな赤ワインとレッドカラントのグレービーソースのロースト添え
問い合わせ先 英国政府観光庁
英国ウェールズ政府
コックス・アンド・キングス・ジャパン
G2 Travel Japan
クオニイ グループ トラベル エキスパート
ミキ・ツーリスト
トラベルコーポレーション・ジャパン
ツムラーレ コーポレーション
更新日 2015年8月31日