実施概要

趣旨

旅行業における企画力およびマーケティング力の向上、「観光立国」の施策 に寄与する
ことを目的に、海外旅行・国内旅行で最も優れた企画旅行(募集型・受注型)、訪日旅行で実施された企画提案、及び海外オンラインツアーの中から優れた作品を表彰する。

名称

ツアーグランプリ2021(Tour Grand Prix 2021)

実施要領

【主  催】
ツアーグランプリ2021実行委員会
【後  援】
国土交通省(予定)、国土交通省観光庁(予定)、
一般社団法人日本旅行業協会、一般社団法人日本旅行作家協会
【事務局】
ツアーグランプリ2021運営事務局
【選考対象】
2019年4月から2021年3月末までに催行された企画旅行
(募集型・受注型)、ならびに訪日旅行で実施された企画提案、
及び海外オンラインツアー動画
※ 今回は特例で過去2年間が選考対象となります。

【表  彰】

国土交通大臣賞

海外部門、国内・訪日部門、全応募作品から1点

海外旅行部門

観光庁長官賞
・企画創造部門グランプリ(新設)
    これまでに無い独創性、高い創造性のある商品
・市場開発部門グランプリ(新設)
    新たな分野(SGDs等)、デスティネーションを切り開いた商品
・デジタル活用部門グランプリ(新設)
    斬新なデジタル技術(商品内容、PR等)を活用した商品、及びオンラインツアー

審査員特別賞

国内・訪日旅行部門

観光庁長官賞
・企画創造部門グランプリ(新設)
    これまでに無い独創性、高い創造性のある商品
・市場開発部門グランプリ(新設)
    新たな分野(SGDs等)、デスティネーションを切り開いた商品
・デジタル活用部門グランプリ(新設)
    斬新なデジタル技術(商品内容、PR等)を活用した商品

審査員特別賞

副  賞

国土交通大臣賞に対して提供(景品は未定)

ツアーグランプリ2021実行委員会(2021年3月1日現在)

委 員 長 : 堀坂 明弘 一般社団法人日本旅行業協会 副会長
委  員    : 奈良 和美 観光庁 参事官(旅行振興担当)
原 優二 一般社団法人日本旅行業協会 理事
江利川 宗光 一般社団法人日本旅行業協会 理事
片山 邦夫 一般社団法人日本旅行作家協会 常任理事
池畑 孝治 一般社団法人日本旅行業協会 事務局長

(順不同・敬称略)     

ツアーグランプリ2021審査委員会(予定)

委 員 長 : 佐藤 博康 松本大学 名誉教授
委  員    :
菊間 潤吾 一般社団法人日本旅行業協会 副会長
奈良 和美 観光庁 参事官(旅行振興担当)
越智 良典 東洋大学 教授
南 砂 読売新聞東京本社 常務取締役
鶴本 浩司 トラベルボイス株式会社
代表取締役社長
石原 義郎 株式会社航空新聞社 ウイングトラベル編集部 取締役編集長
西山 晃 駐日外国政府観光局協議会 副会長
大畑 貴彦 一般社団法人日本海外ツアーオペレーター協会 会長

(順不同・敬称略)     

応募要領

所定のエントリーフォーム(WEB)に必要事項を入力し、2021年4月16日(金)
までに登録を完了する。
但し各社上限10企画までの応募を原則とする。

詳細はこちらをご覧ください。→応募要領のページ

周知・宣伝(3月より実施予定)

1)ツアーグランプリ2020のホームページを作成し、
    かつJATAホームページにバナーを貼り、JATA会員へエントリーの呼びかけをする。
2)前年度応募者へメール・電話等によるエントリーの呼びかけをする。
3)プレスリリースの配信を行う。
4)ANTOR・OHEA・OTOAのホームページに掲載、各団体よりの推薦も受付ける。
5)JATA地方事務局から会員へ告知する。

審査

応募作品の評価ポイントは、海外・国内の企画旅行及び訪日の企画提案に関しては
① 企画創造性、② 市場開発性、③ 販売・集客性、④ 業界貢献度の4項目、
海外のオンラインツアーに関しては
① 企画創造性、② 市場開発性、③ 需要維持・新規需要創出性、④ 没入感・臨場感の
4項目を主に、その他審査員が必要と認めた審査基準により審査を行う。

1)第1次選考会  5月中旬予定
JATA海外・国内・訪日旅行推進委員会旅行会社による一次審査を実施、結果を審査委員会に上申。

2)審査委員会(最終審査会)  5月下旬予定
ツアーグランプリ2021 審査委員会により大臣賞、長官賞、各部門賞、特別賞を選出。

発表・表彰式(日時と場所)

表 彰 式
2021年6月21日(月)  午前
場 所
経団連会館