主要旅行業者の旅行取扱状況速報
平成19年7月分

● 海外旅行の対前年同月比は、ほぼ同じ
● 外国人旅行の対前年同月比は、17.5%増
● 国内旅行の対前年同月比は、0.8%減
● 総取扱額の対前年同月比は、0.4%減


1. 総取扱額
区分 取扱額(千円) 前年同月取扱額(千円) 前年同月比(%)
海外旅行 232,050,301
232,144,477
 100.0
外国人旅行 4,441,943 3,779,779  117.5
国内旅行 360,909,340 363,791,187  99.2
合計 597,401,584 599,715,443
99.6
(総取扱額は主要旅行業者63社の取扱額の合計)

2. 旅行商品ブランド(募集型企画旅行)の取扱状況
区分 取扱額 取扱人数
取扱額
(千円)
前年同月
取扱額(千円)
前年同月
比(%)
取扱人数
(人)
前年同月
取扱人数(人)
前年同月
比(%)
海外旅行 70,152,887
68,169,582 102.9 388,352
383,356
101.3
外国人旅行 313,082 235,199 133.1 21,492 17,765 121.0
国内旅行 98,047,752 99,238,187 98.8 3,654,647 3,553,849 102.8
合 計 168,513,721 167,642,968 100.5 4,064,491 3,954,970 102.8
(取扱額は総取扱額の内数)

3. その他(旅行業者からの報告による分析・説明等の主なもの)
海外旅行の取扱額は、前年実績と比較すると横ばいに推移した。方面別では、近場のアジア方面が比較的好調であった。
国内旅行は、全体的に伸び悩み、前年実績を下回った。

平成19年7月公表版
主要旅行業者の旅行取扱状況各社別内訳:平成19年7月分(PDFファイル)


この速報は、国土交通省 総合政策局観光事業課 の発表した資料を写したものです。

このページの先頭へ戻る