主要旅行業者の旅行取扱状況速報
平成19年10月分

● 海外旅行の対前年同月比は、2.2%増
 外国人旅行の対前年同月比は、48.9%増
● 国内旅行の対前年同月比は、1.7%減
 総取扱額の対前年同月比は、0.2%増


1. 総取扱額
区分 取扱額(千円) 前年同月取扱額(千円) 前年同月比(%)
海外旅行 234,052,648
229,028,212
 102.2
外国人旅行 9,125,886 6,127,691 148.9
国内旅行 379,428,907 386,168,523 98.3
合計 622,607,441 621,324,426
100.2
(総取扱額は主要旅行業者63社の取扱額の合計)

2. 旅行商品ブランド(募集型企画旅行)の取扱状況
区分 取扱額 取扱人数
取扱額
(千円)
前年同月
取扱額(千円)
前年同月
比(%)
取扱人数
(人)
前年同月
取扱人数(人)
前年同月
比(%)
海外旅行 70,176,445
68,860,821 101.9 397,020
404,400
98.2
外国人旅行 361,803 257,582 140.5 21,830 16,707 130.7
国内旅行 86,684,860
86,017,393 100.8 3,387,589 3,346,684 101.2
合 計 157,223,108
155,135,796 101.3 3,806,439 3,767,791 101.0
(取扱額は総取扱額の内数)

3. その他(旅行業者からの報告による分析・説明等の主なもの)
海外旅行は、韓国、香港方面が好調であった。
国内旅行は、特に団体旅行が低迷し、前年実績を下回った。
外国人旅行は、前月に引き続き好調であった。

平成19年10月公表版
主要旅行業者の旅行取扱状況各社別内訳:平成19年10月分(PDFファイル)


この速報は、国土交通省 総合政策局観光事業課 の発表した資料を写したものです。

このページの先頭へ戻る