主要旅行業者の旅行取扱状況速報
平成20年8月分

 海外旅行の対前年同月比は、8.7%減
 外国人旅行の対前年同月比は、21.2%増
 国内旅行の対前年同月比は、4.5%減
 総取扱額の対前年同月比は、6.0%減



1. 総取扱額
区分 取扱額(千円) 前年同月取扱額(千円) 前年同月比(%)
海外旅行 269,201,786
294,807,193
91.3
外国人旅行 5,087,215 4,197,153  121.2
国内旅行 420,197,077 439,964,822 95.5
合計 694,486,078
738,969,168 94.0
(総取扱額は主要旅行業者63社の取扱額の合計)

2. 旅行商品ブランド(募集型企画旅行)の取扱状況
区分 取扱額 取扱人数
取扱額
(千円)
前年同月
取扱額(千円)
前年同月
比(%)
取扱人数
(人)
前年同月
取扱人数(人)
前年同月
比(%)
海外旅行 94,833,562 107,355,832 88.3 432,390
545,672 79.2
外国人旅行 287,180 301,646 95.2 17,138 17,918 95.6
国内旅行 150,540,402 153,385,227 98.1 5,543,362 5,698,704 97.3
合 計 245,661,144 261,042,705 94.1 5,992,890 6,262,294
95.7
(取扱額は総取扱額の内数)

3. その他(旅行業者からの報告による分析・説明等の主なもの)
海外旅行の減少要因は、依然として 航空会社の「燃料特別付加運賃(燃料サーチャージ)」の値上げにより海外旅行需要が落ち込んだ。
一方、国内旅行も減少した。

平成20年8月公表版
主要旅行業者の旅行取扱状況各社別内訳:平成20年8月分(PDFファイル)


この速報は、観光庁 観光産業課の発表した資料を写したものです。

このページの先頭へ戻る