海外旅行者数の変遷
海外への観光渡航が自由化された1964年にわずか13万人だった海外旅行者数は、ジャンボ機の就航により幕開けた70年代以降の大量輸送時代に大きく伸び、85年秋の「プラザ合意」以降の急激な円高とバブル景気の後押しを受けて90年には1,000万人の大台を突破した。2000年には1,782万人と史上最高を記録したが、2001年は米国同時多発テロの影響で減少し、2003年はSARS、イラク戦争などの影響を受け、過去最大の減少となった。しかし、2004年以降回復をみせ、2006年には1,753万人と、2000年に次ぐ史上2位の数字を記録した。

資料:法務省
国内宿泊旅行者数の変遷
国内宿泊旅行はバブル景気により89年に3億人の大台を突破したものの、その後の景気低迷などにより横ばい状態が続いている。
※ 2006年以前は、観光を目的とした旅行者数の変遷でしたが、2007年からは観光だけでなく、全ての宿泊旅行者数の変遷としました。

   資料:2005年までは(財)日本交通公社推計
2006年は(株)ツーリズム・マーケティング研究所推計
訪日外国人旅行者数の変遷
2006年は前年より9.0%増の733万人であった。しかしながら、国際的には外国人旅行者受入数で日本は31位(2005年)とまだまだ低い水準にあり、訪日旅行の促進が大きな課題になっている。平成14(2002)年12月に発表された「グローバル観光戦略」において、2003年から2007年までの5年間を「訪日ツーリズム拡大戦略期間」とした。2010年には「21世紀初頭における観光振興方策」に示されてい1,000万人を迎えることを目標とし、官民連携によるビジット・ジャパン・キャンペーン(VJC)事業が繰り広げられている。
資料:国際観光振興機構(JNTO)
 


このページの先頭へ戻る