1964年の海外旅行自由化以来、海外旅行者数はおおむね増加傾向であったが、2001年はテロの影響で−9%、2003年はSARS、イラク戦争の影響で−19.5%と減少した。しかし、2005年は1,740万人と2000年に次ぐ史上2位の数字を記録した。

海外旅行者数の推移
日本人出国者数 伸び率%
1964 127,749 27.7
1965 158,827 24.3
1966 212,409 33.7
1967 267,538 26.0
1968 343,542 28.4
1969 492,880 43.5
1970 663,467 34.6
1971 961,135 44.9
1972 1,392,045 44.8
1973 2,288,966 64.4
1974 2,335,530 2.0
1975 2,466,326 5.6
1976 2,852,584 15.7
1977 3,151,431 10.5
1978 3,525,110 11.9
1979 4,038,298 14.6
1980 3,909,333 -3.2
1981 4,006,388 2.5
1982 4,086,138 2.0
1983 4,232,246 3.6
1984 4,658,833 10.1
1985 4,948,366 6.2
日本人出国者数 伸び率%
1986 5,516,193 11.5
1987 6,829,338 23.8
1988 8,426,867 23.4
1989 9,662,752 14.7
1990 10,997,431 13.8
1991 10,633,777 -3.3
1992 11,790,699 10.9
1993 11,933,620 1.2
1994 13,578,934 13.8
1995 15,298,125 12.7
1996 16,694,769 9.1
1997 16,802,750 0.6
1998 15,806,218 -5.9
1999 16,357,572 3.5
2000 17,818,590 8.9
2001 16,215,657 -9.0
2002 16,522,804 1.9
2003 13,296,330 -19.5
2004 16,831,112 26.6
2005 17,403,565 3.4
2006 17,534,565 0.6
資料:法務省


海外旅行費用の推移
旅行総費用は年々減少傾向にあり、2005年は前年に比べ3万1千円の減少となった。旅行期間の短期化、近距離エリアにシフトが進んでいるものと推測される。また、買物客の割合の減少が目につく。

 

  (注)2000年までのデータは(財)日本交通公社の調査による
資料:(株)ツーリズム・マーケティング研究所(JTM)
出典:JTB REPORT 2006


 

このページの先頭へ戻る