2006年は前年より9.0%増加し、史上最高を更新した。とりわけ観光客は前年より14.0%と大幅な増加を示した。

単位:人、%
人 数 合 計 滞在客 一時上陸客
小 計 観光客 業務
その他の客
2001   4,771,555 4,627,713 2,717,422 1,910,291 143,842
構成比 100.0 97.0 57.0 40.0 3.0
前年比 100.3 100.3 100.9 99.5 100.6
2002   5,238,963 5,101,879 3,095,326 2,006,553 137,084
構成比 100.0 97.4 59.1 38.3 2.6
前年比 110.8 110.2 113.9 105.0 95.3
2003   5,211,725 5,069,214 3,055,340 2,013,874 142,511
構成比 100.0 97.3 58.6 38.6 2.7
前年比 99.5 99.4 98.7 100.4 104.0
2004   6,137,905 6,005,464 3,839,661 2,165,803 132,441
構成比 100.0 97.8 62.6 35.3 2.2
前年比 117.8 118.5 125.7 107.5 92.9
2005   6,727,926 6,653,039 4,368,573 2,284,466 74,887
構成比 100.0 98.9 64.9 34.0 1.1
前年比 109.6 110.8 113.8 105.5 56.5
2006   7,334,077 7,282,544 4,981,035 2,301,509 51,533
構成比 100.0 99.3 67.9 31.4 0.7
前年比 109.0 109.5 114.0 100.7 68.8
(注) 1.
2.
構成比、前年比は%
.「一時上陸客」とは、出入国管理及び難民認定法第14条により、寄港地上陸 許可を受けて上陸する乗客及び同法第15条第2項により周辺通過上陸許可 を受けて上陸する乗客をいう。なお、同法第15条第1項の観光通過上陸を受けている乗客は、「滞在客中」の「観光客」として計上している。
資料:法務省 出典:国際観光振興機構(JNTO)


 

このページの先頭へ戻る