現在地:JATAホーム > 旅行者のみなさまへ > 旅の情報 > エコツアー > 『自然保護とサステイナブル・ツーリズム』〈平凡社〉

『自然保護とサステイナブル・ツーリズム』〈平凡社〉

2005年5月26日


海外ではツーリズム・マネジメントにかかわる幅広いテーマを、持続的で発展的な調和を目指す「サステイナブル・ツーリズム」のコンセプトのもとに統合して議論するようになってきています。

エコツーリズムに対する社会的関心が高まりつつある中、本書は、観念論や理想論にとどまらず実践的な事例や指針を示しています。

自然保護区域では「観光」を疎んじる考え方も散見されますが、「観光」を敵視するのではなく、利用するのでもなく、「味方にすること」を具体的に提案しています。

わが国における観光の様々な問題を考えるためにも役に立つでしょう。

目次
第1章 序論
第2章 保護区域、生物多様性および保全
第3章 保護区域における観光
第4章 保護区域の観光計画づくり
第5章 十分な配慮にもとづくインフラとサービスの開発
第6章 保護区域の観光における課題への対応
第7章 公園利用者の管理のための手段
第8章 保護区域の観光の経済的側面
第9章 保護区域の観光の財政的側面
第10章 保護区域の観光のための人材管理計画
第11章 保護区域の観光のモニタリング
第12章 結論
著者
ポール・F. J. イーグルズ  ステファン・F. マックール  クリストファー・D. ヘインズ
監訳者:
小林英俊(財団法人日本交通公社理事)
発行所:
株式会社 平凡社

財団法人日本交通公社のホームページからもご購入いただけます。
http://www.jtb.or.jp別ウインドウ

旅行者のみなさまへ

このページの先頭へ戻る