表敬訪問 6月3日 (月)、サウジアラビア政府観光局本局より
日本担当の新旧ディレクターが蝦名理事長を訪問

更新日:2024年06月07日


サウジアラビア政府観光局
北東アジア市場担当ディレクター
アデル・アルファワン氏と蝦名理事長

6月3日 (月)、サウジアラビア政府観光局本局より日本担当の新旧ディレクターが蝦名理事長を訪問されました


懇談の様子
画面右 : 奥からサウジアラビア政府観光局本局 旧ディレクターのクリストファー・ホール氏、
アシスタントのウェサム・エイド氏、新任ディレクターのアデル・アルファワン氏
画面左 : 右側手前に稲田海外旅行推進部長、左側手前からツーリズムEXPOジャパン推進室の早坂室長、蛯名理事長、池畑理事・事務局長、ツーリズムEXPOジャパン推進室の福島部長、
奥中央に海外旅行推進部阿部副部長

新任ディレクターのアデル・アルファワン氏は、「日本とサウジアラビアはビジネスの上の重要なパートナーで、両国で ”日本・サウジアラビア・ビジョン2030” が掲げられており、5月に実施されたビジネスフォーラムでは30社の広い分野でMOUも交わした」また、「観光分野にとっても日本は重要国で、2025年は日本とサウジアラビア国交樹立70周年の記念の年となるので、更なる二国間の観光交流人口を増やしたい」と期待を語られました。
ツーリズムEXPOについては本年度も出展し、B2B、B2C共に幅広くサウジアラビアの魅力をアピールすると心強いお言葉をいただきました。


画面左: 蝦名理事長 画面中央 : アデル・アルファワン氏 画面右 : サウジアラビア政府観光局 日本支局長の小早川 薫氏


懇談後、全員で記念撮影