旅行需要の拡大と
旅行業の健全な発展を図る

一般社団法人 日本旅行業協会

PAGE SCROLL

最終更新日:2022.10.03(公開日:2022.09.28) New

全国旅行支援 関連情報【第2信】(会員限定)

最終更新日:2022.09.26(公開日:2022.09.26) New

JATA主催 テーマ別観光× デスティネーションセミナー開催について

最終更新日:2022.09.22(公開日:2022.09.22)

2022年度正会員下期会費請求のお知らせ

最終更新日:2022.09.20(公開日:2022.09.20)

日本帰国時の「ファストトラック」使用のおすすめ(PDF)

最終更新日:2022.09.20(公開日:2022.09.20)

FIFAワールドカップ・カタール大会の開催に伴う情報について

最終更新日:2022.08.01(公開日:2022.07.26)

新型コロナウイルス感染症 関連情報
観光庁「新しい旅のエチケットについて」2022年版
2021年8月1日更新 観光庁、国土交通省、旅行連絡会 (※) が連携し、旅行者の皆様に留意していただきたい事項をまとめた「新しい旅のエチケット」について、最新の状況等を踏まえて改訂しております。お客様への周知をお願い申し上げます。 (※) 旅行連絡会:交通機関や宿泊・観光施設等の旅行関係業界の業界団体等で構成 ❐ 【参照】「旅程場面毎『新しい旅のエチケット』」改訂版 (2022年7月12日更新)  * 観光庁公式サイト ❐ 「新しい旅のエチケット」データ(ZIPファイル) …

最終更新日:2022.07.29(公開日:2022.07.26)

「旅行業再生戦略会議」からの提言
2022年7月1日 社会を取り巻く環境は、テレワーク等の働き方の多様化、非対面非接触サービスも含めたデジタル化への対応、脱炭素社会の実現等SDGsへの具体的な取り組みなど、コロナ禍の約2年半で大きく変化いたしました。旅行業は移動と交流の制限により厳しい経営を余儀なくされましたが、一方で負の側面だけではなく、事業のポートフォリオの見直しや生産性向上に向けた前例にとらわれない取り組みなど、大胆な改革の背中を押す力ともなっており、旅行業再生に取り組むチャンスを得たとも言えます。 そこで、日本旅…

最終更新日:2022.07.26(公開日:2022.07.26)

旅行業テレワーク勤務規程例:10条みなし労働時間制あり(Wordファイル)

最終更新日:2022.07.26(公開日:2022.07.26)

旅行業テレワーク勤務規程例:10条みなし労働時間制なし(Wordファイル)

最終更新日:2022.07.25(公開日:2022.02.21)

第30回 JATA経営フォーラム2022 ~持続可能な旅行業を考える~
2022年2月21日更新 旅行業経営について考える機会として、『持続可能な旅行業を考える』をテーマに「JATA経営フォーラム2022」を昨年に引き続きWEBで開催いたします。 昨年は視聴の際、ID/パスワードの入力が必要でしたが、今年はWEB上で事前登録をしていただくことで、個別に送付するURLからID/パスワードを入力することなく視聴できるように変更いたしました。 また、今年も参加費は無料とし、視聴期間内であればいつでもどこでも自由に視聴できるようにしております。 …

最終更新日:2022.10.03(公開日:2022.10.03) New

JATAニュースリリース:国内旅行需要喚起策
『笑う旅には福来たる』キャンペーン 第三期スタート(PDF)

最終更新日:2022.09.20(公開日:2022.09.20)

JATAニュースリリース:第3回 JOTC Webinars 2022 10月開催に関して(PDF)

最終更新日:2022.08.29(公開日:2022.08.25)

JATAニュースリリース:
日本旅行業協会 × 日本外航客船協会 × 邦船3社 が初の協働!
10月より「 Let’s Go !クルーズキャンペーン 」を実施

最終更新日:2022.07.29(公開日:2022.07.27)

JATAニュースリリース:「2022年度JATA会長表彰」について

最終更新日:2022.07.25(公開日:2022.03.10)

JATAニュースリリース:海外旅行最新情報を提供する「JOTC Webinars 2022」を開催 します

最終更新日:2022.07.25(公開日:2022.03.23)

JATAニュースリリース:2022年度JATA主催セミナー「テーマ別観光×デスティネーションセミナー」「 観光地マーケティング・デジタル分析実践セミナー」

最終更新日:2022.07.21(公開日:2022.03.23)

JATAニュースリリース:2022年4月1日から内容を拡充して実施 ~国内旅行需要喚起策『笑う旅には福来たる』国内宿泊キャンペーン~

最終更新日:2022.07.21(公開日:2022.03.23)

JATAニュースリリース:「JATAハワイ視察団 」を派遣 します ~海外企画旅行の再開に向けて~

最終更新日:2022.07.21(公開日:2022.05.27)

JATAニュースリリース:「水際対策緩和に関する要望書」を斉藤鉄夫国土交通大臣に提出

最終更新日:2022.07.21(公開日:2022.06.20)

JATAニュースリリース:第2回 JOTC Webinars 2022.7月開催に関して

最終更新日:2022.10.03(公開日:2022.09.28) New

全国旅行支援 関連情報【第2信】(会員限定)

最終更新日:2022.10.03(公開日:2022.10.03) New

全国旅行支援におけるワクチン接種歴又は陰性の検査結果について

最終更新日:2022.10.03(公開日:2022.10.03) New

JATAニュースリリース:国内旅行需要喚起策
『笑う旅には福来たる』キャンペーン 第三期スタート(PDF)

最終更新日:2022.10.03(公開日:2022.10.03) New

「ツーリズム EXPO ジャパン 2022 」 来場者 数確定
総来場者数 124 074人 が来場

最終更新日:2022.10.03(公開日:2022.10.03) New

WTC&JATA共催 第16回合同勉強会 開催のお知らせ(会員限定)
『サステナブルツーリズムの実現に向けた観光型MaaSの展開について』(PDF)

最終更新日:2022.10.03(公開日:2022.10.03) New

「平日にもう一泊」キャンペーン開始について

最終更新日:2022.10.03(公開日:2022.10.03) New

9月21日(水)、アジア太平洋観光協会(PATA)CEOの Liz Ortiguera氏が
JATA髙橋会長を訪問

最終更新日:2022.10.03(公開日:2022.10.03) New

エストニア・オンライン・セミナー2022 開催のご案内:
タルトゥ・セト地方(Tartu, Setomaa)編(PDF)

最終更新日:2022.09.28(公開日:2022.10.03) New

【財務省より】外国為替及び外国貿易法に基づく輸出等の禁止措置について
財務省より 外為法に基づく輸出等の禁止措置について、以下のとおり告示がありましたのでご連絡します。 1.ロシア連邦の特定団体への輸出等に係る禁止措置 輸出等に係る禁止措置の対象となるロシア連邦の特定団体の追加指定(21団体)を実施し外務省告示の改正を行いました。 詳細につきましては、添付書類にてご確認ください。 〇 官報は下記のURLから確認できます。(特別号外第85号) https://kanpou.npb.go.jp/ (添付書類) ≫ 財務省より:外為法…

最終更新日:2022.09.28(公開日:2022.09.28) New

「オミクロン株対応ワクチン」 職域接種のご案内(会場:東京都内)

PICKUP

建物

about JATAJATAについて

建物 日本旅行業協会は、旅行需要の拡大と旅行業の健全な発展を図るとともに、旅行者に対する旅行業務の改善並びに旅行サービスの向上等を図り、併せて会員相互の連絡協調につとめ、旅行の促進と観光事業の発展に貢献することを目的としており、旅行業法に基づく法定業務の他、会員に共通する利益を図る業務、社会に貢献する業務などの協会の目的を達成するための業務を行なっています。

パスポート

会員・旅行業者向け

パスポート 当会へ入会するための手続き情報の他、旅行業登録に関する種々フォーマット、コンプライアンス情報等の登録関連情報。国内・海外旅行情報や消費者苦情対応報告等、旅行業法に基づく旅行会社が営業に必要な情報等を掲載しています。

パスポート

旅行データバンク

パスポート 様々な旅行業の数字データ、JATA会員旅行会社を対象に調査した旅行動向をまとめた旅行のトレンド。会員限定公開として全国のデジタル観光パンフレット、海外渡航関連情報を掲載しています。

旅行者・一般向け

データ 旅行会社をご利用される旅行者皆さまのための情報です。旅行時のトラブルを回避するための「安心・快適な旅の情報」、旅行時のトラブルご相談やご利用旅行業者が倒産した際の弁済業務保証金制度等、様々なお知らせを掲載しております。

総合旅行業務取扱管理者試験

総合旅行業務取扱管理者試験 旅行業者等は登録の業務範囲により、営業所ごとに地域限定、国内または総合旅行業務取扱管理者試験に合格した者を一人(従業員が概ね十名以上の営業所では二名以上)選任し、旅行契約等に関する事務の管理・監督に関する業務を行わせることが義務付けられています。