セミナー・研修 2022年度第2回旅行サービス手配業務取扱管理者研修開催案内

更新日:2022年09月09日


2018(平成30)年1月4日の改正旅行業法施行により、いわゆるランドオペレーター(旅行サービス手配業)の業務を行うためには、各都道府県での登録を受けていることが必要となりました。旅行サービス手配業の登録には、営業所ごとに旅行業務取扱管理者または新設された旅行サービス手配業務取扱管理者の選任が義務付けられており、選任された管理者は、取引条件の明確性、旅行に関するサービスの提供の確実性その他取引の公正、旅行の安全及び旅行者の利便を確保するために必要な事項についての管理・監督を行うことになります。
本研修を受講し、研修後の修了テストにおいて一定以上の成績を修めることにより、旅行サービス手配業務取扱管理者の資格を取得することができます。研修では、旅行業務に関する法令、旅行業約款に関する知識および旅行サービス手配業務に関し必要な知識の取得並びに能力の向上を目指した講義を行います。

※ 既に旅行業登録のある方は、重複して旅行サービス手配業の登録を受ける必要はありません。

※この研修は、新規に旅行サービス手配業の登録に必要な取扱管理者の資格を取得するための研修です。

1. 受講資格

旅行業法第6条第1項第1号から第6号までの一に該当しない者であって、旅行サービス手配業に従事している者、または従事する予定の者。

2. 受講願書提出手続

(1) 受講願書等必要書類の取得方法
下記よりダウンロードの上、プリントアウトしてください。

受講案内PDF

受講願書(項目名のみ記載)

受講申込者名簿(受講研修会場回答書)及び受講料振込書貼付用紙(項目名のみ記載)

(注) 願書に写真を貼る必要はありません。写真は願書受付終了後にお送りする受講票〈会場案内図兼用〉に貼付してください。
写真は1枚、サイズは縦4.5cm、横3.5cmです。
受講願書類を上記PDFファイルで取り出せない場合は、当協会 研修・試験部(TEL : 03-3592-1277)までご連絡ください。

3. 受講料と振込方法

(1) 受講料(1名あたり、消費税込み) : 28,000円
※ 消費増税による金額の変更はありません。
(2) 振込方法
受講願書提出前に銀行振込をお願いします。所定の振込用紙はありません。
【振込口座】  みずほ銀行 丸之内支店 普通預金口座 2940044
一般社団法人 日本旅行業協会 〔シャ〕ニホンリョコウギョウキョウカイ〕
※ 受講研修会場回答書(受講申込者名簿)をご担当者にFAX送信した後は、いかなる理由があっても受講料はお返しいたしません。

4. 受講願書受付(先着順受付)

2.の受講願書、受講申込者名簿、受講料振込書貼付用紙の3点に必要事項をご記入の上(受講料振込書貼付用紙には、振込証明書(ATMの帳票等)を貼り付け)、簡易書留または一般書留でお送りください。

(1) 願書締切
2022(令和4)年10月7日(金)
(2) 願書等送付先(簡易書留または一般書留でご送付ください)
〒100-0013 東京都千代田区霞が関3-3-3 全日通霞が関ビル3F
一般社団法人 日本旅行業協会 研修・試験部 旅行サービス手配業務取扱管理者研修 受付係
※ 願書類の記入方法については、受講案内をご覧ください。
願書受付締切日前でも、定員になり次第締切といたします。
受講者が10名未満の場合は開催しないことがあります。
※ 願書受付後、受講研修会場回答書を申込ご担当者宛にFAXでお送り致します。

5. 受講票の送付

受講票(会場案内図兼用)は、申込ご担当者宛に一括で順次お送りいたします。
2022(令和4)年10月14日(金)ごろ発送

6. 教材の送付

研修教材は、受講願書に記載された教材送付先へお送りしますので、事前に学習してください。
なお、本年度は令和3年度のテキストを使用し、必要に応じ最新資料等差し込み実施いたします。
2022(令和4)年10月17日(月)ごろ発送

7. 研修日および会場

会場区分 期日 会場名 定員
東 京 11月8日(火)・9日(水) 日本旅行業協会 研修室PDF
東京都千代田区霞が関3-3-3 全日通霞が関ビル4F
30

8. 研修科目および時間割

  時間 内容
1日目 09:30~16:30
(昼休み1時間)
旅行業法および旅行業約款
(旅行サービス手配業務取扱管理者の責務と役割を含む)
2日目 09:30~16:00
(昼休み1時間)
旅行サービス手配実務
(運送・宿泊手配・出入国手続等の関係法令・約款、安全対策等)
16:00~17:00 修了テスト

9. 修了基準

次の基準を満たしたものを修了者とし、修了証書を発行する。 (1) 研修の全日程に出席していること。 (2) 研修の中で行う修了テストの成績が基準点(各科目満点の60%以上)に達していること。
※ 基準点に達しない科目(未修了科目)があった場合は、当該研修の開催月から 1年以内に限り、1回だけ未修了科目の再受講と再テスト(有料)を受けることができる。

10. 研修結果

研修結果(修了者には修了証書)は、申込ご担当者宛に一括で、2022(令和4)年12月上旬頃よりお送りします。

その他、本研修に関してのお問い合わせは、JATA研修・試験部(電話 : 03-3592-1277)までお願い致します。